どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田昌司さん「マスコミは知ったかぶりせず民主党の実態をちゃんと伝えなさい!」

昨日の野田首相の所信表明演説には、気分を悪くされた方が大勢いらっしゃったことと想像します。私自身も怒りを通り超して吐き気を催しました。そうした中、西田さんのビデオレターで、またしても「嘘つき山井」の驚くべき、というか呆れるてしまう行動が暴露されました。この人達、もうどうしようもないです。

ということで西田さんビデオレターの文字起こしに続いて、山井のツイート、今朝の新聞社説、そして野田の所信表明演説をまとめておきます。

スポンサーサイト

more »

「国民の覚悟と歴史観が問われている」 西田昌司さん×佐伯啓思教授 対談#1

週刊西田「西田昌司×佐伯啓思 時事対談VOL.1」

「安倍総裁と国民に問われる覚悟とは」

週刊西田「西田昌司×佐伯啓思 時事対談VOL.1」2012.10.1

西田さんと京都大学大学院教授・佐伯啓思さんの対談です。非常に興味深い内容だったので文字起こししました。

安倍さんの総裁就任は非常に喜ばしいことなのですが、当初は谷垣さんの続投を願っていたので正直複雑な心境でした。それは何故かと言えば、勿論谷垣さんが火中の栗を拾って崩壊寸前だった自民党をここまで立て直した胆力を見込んでのことでもありますし、何よりこの難局で、おまけに猛烈なマスコミ批判に晒されて果たして安倍さんの思う道を進むことができるのかという不安からです。佐伯さんや西田さんが危惧していることと一緒でした。

ですが佐伯さんは「安倍さん一人に任す訳にはいかない」、つまり私達も全力で支えますという意志の表れだと思いますが、この言葉に激しく共感しました。

それにしてもマスコミの低俗な安倍さん批判は、何とかならないものかとつくづく思います。まだ総理と決まった訳でもない一野党の総裁を、政治とは無関係な理由で執拗に叩けば、いくら何でも国民が「おかしい」と気付くと思うのですがどうなんでしょうか。

ところで最近読んで失敗したなと思った本の中に、著者の余りにも歪んだ国家観・歴史観を感じさせるものがあって一寸嫌気がしたのですが、これがまさに佐伯さんが著書「反・幸福論」で指摘している「逆立ちした権力欲」「屈折した権力欲」でした。国家や権力への批判を行間に込めながら、実は自分が一番貪欲なのは明白で、案の定その著者は鳩山や菅を好意的に受け止めているのが何ともおかしかったです。

国家観が問われる今だから一層違和感があったのだろうと思います。

以下、文字起こしです。

more »

西田昌司さんの週刊西田・一問一答「竹島問題・天皇陛下侮辱発言について」

何か楽しそうな企画が始まりましたね。記念すべき第一回ということで文字起こししました。

西田さんが『李承晩ライン』に言及されています。これについて、「突然ラインを引いた」事実だけは言われていますが、じゃあ、一体何の為に李承晩はそれをしたのか。その疑問については次のエントリーをご覧下さい。

more »

西田昌司さん「それでも現政権を倒すことが私の使命だ!!」 超人大陸9.3

今回の問責について、西田昌司さんが詳しく解説してくれています。マスコミの偏向報道に騙されて、誤解している人が居るみたいで一寸残念ですね。それにしてもマスコミの報道は本当に腹立たしい。途中、問題を指摘されたひるおびのリンクを貼っておきましたので是非ご覧下さい。

今回も、西田さんの熱い思いが伝わってきました。谷垣総裁に対する思いは私も共感しています。火中の栗を拾う以上に、ここまで頑張ってきた谷垣総裁を、よくもまあ叩けるものだなと思っていたので、西田さんの公正さには改めて敬意を表したいと思います。また3年前、平沼さんを総裁に担ごうとした話を聞いて、一寸驚きました。というよりも流石先見の明があるなと、また更に支援の気持ちが強くなりました。

ところで最近、マスコミでは「南海トラフ地震、死者32万人全壊238万棟か?」などと大騒ぎをして国民に強烈な恐怖心を植え付けた様ですね。実際、私も友人からの電話で「国は何もしないの!?」と聞かれたので、それは以前から藤井聡さんが指摘していたこと、国土強靭化の説明をしたら少し納得してくれたと同時に、「じゃあ早く自民党に政権戻さなきゃ」と言ってましたね。

ところが恐怖心を煽るだけのマスコミは、国土強靭化を説明する訳でも無く、相変わらずの自民批判と、維新八策で大震災には触れてもいなかった大阪維新の話題ばかり。先日の『民主党が失敗することは最初からわかりきっていた』にも書いた通り、どうやら左翼マスコミは国家権力とかそういうものに対して異常なアレルギーがある様に感じられます(スポンサーが反日企業云々というのもあるでしょうが……)。だから権力の象徴であった自民党を異常なほど叩いてみたり、国土強靭化を「土建国家への先祖返りだ」などと土建=国家と強引にこじつけて批判してみたり。大地震が予測されるというのに、その恐怖心だけを煽ってあとは知りませんは無いでしょう、と思います。弱者切り捨てと地方からの国家解体に繋がる維新八策を推すのも何となく納得出来ます。そんなマスコミの無責任体質にはホトホト嫌気が差します。彼らが思い描く理想のお花畑国家像に我々一般国民を巻き込まないでほしいと感じます。

そんな訳で、マスコミに騙されずに一刻も早く民主党政権を打倒して自民党政権を復活させ、大震災に備えて国土強靭化をして欲しいと願います。

以下、文字起こしです。簡単に分かる様にと一部を図表にしてみましたが如何でしょうか。ご参考まで。

more »

西田昌司さん【この浅薄きわまる憲法を如何にせん】西部ゼミ2012.6.9

西部ゼミ 西田昌司さん2012.6.9

2012年6月9日放送の西部邁ゼミナールに西田昌司さんがご出演されました。これが物凄く面白い。なので是非多くの方に見て欲しいということもあって文字起こししました。

この動画を見ていて西田さんの何処が好きなのか、今更ですがふと気付いた事があります。西田さんは物事を真っ直ぐ正面から捉えて一所懸命に問題の本質を探り当てようとしていると感じます。陰謀論を持ち出したり、例えば官僚が悪とか、そうした決めつけをせずに何がどう問題なのか、どうすれば解決に近づくのか、それがタブーであっても恐れずに西田さんなりの考えを聞かせてくれます。そんな西田さんの話に共感したり、なるほどと納得したり、意見が異なっても考える切っ掛けになったり。話を聞いていて後ろ向きな考えに陥ることはありません(どちらかと言えば逆です)。
ところが昨今の評論家や知識人らはどうも穿ったものの見方だったり、初めから斜に構えていたり、悪意に満ちていたり、本質を避けて誘導しようと見え見えだったり、或いは端から結論ありきだったり。話を聞いていて嫌な気持ちにさせられることが屡々。そういうのに今までウンザリさせられていたから尚更好感が持てるのかも知れません。

素晴らしい番組をネット配信して下さったTOKYO MXさんに心より感謝を申し上げます。




小林麻子さん
西部ゼミ 西田昌司さん2012.6.9

5週連続の大企画、「この浅薄きわまる憲法を如何にせん」

ゲストには参議院議員の西田昌司先生をお招き致しました。

西田先生は2007年に参議院に初当選後、参議院自民党国会対策副委員長などを歴任されて、現在は参議院憲法審査会の幹事を務めていらっしゃいます。

この平成を眺めましても、構造改革ばかりが叫ばれ、議論を尽くさず世論を煽った単なる人気投票で一国のリーダーや政党が選ばれている様に感じます。

今話題になっている首相公選制も参議院の廃止も、憲法改正に関わる事であり、まず憲法問題を論じなければなりません。

最終回は「政党議会政治を衰弱死させるな」ということで、「新党」運動に於ける「首相公選制と参院廃止」について論じて頂きます。

more »

2閣僚問責決議。アンカー宮崎哲弥氏の疑問と西田昌司さんの解説(4.19)

4月20に参議院で問責決議案が可決されました。前日19日のビデオレターで西田さんがこの件について語ってくれています。政局が大好きなマスコミは審議拒否をする自民党を叩き与野党の対決姿勢だけを強調し、審議を進めろという様な事を言っていますが、そもそも何かおかしくないですか!?

問責翌日の4月21日の各紙社説があまりに酷いんで纏めました。ご覧下さい。

期せずして同日の木曜ニュースアンカーで宮崎哲弥氏がこの件に関して疑問を投げかけています。かなりGJな鋭い指摘で、この日の西田さんの話とも繋がりましたので纏めておきます。宮崎さん、首を傾げる意見もありますが、割と核心を突いた意見も多く、そんなに嫌いじゃないです。

以下、西田さんのビデオレターを文字起こししましたのでご覧下さい。そのままだと長くなるので、冗長表現はカットし意訳してあります。後半は木曜アンカーの抜粋です。

※YouTube西田さん公式チャンネルの動画です
西田昌司「西田昌司「田中防衛相・前田国交相に問責案提出!」
※西田さん、怒ってます!4月20日、本会議終了後の西田さん
※(速報)西田昌司参議院議員緊急インタビュー(やまと新聞さん)

more »

西田昌司さんからの超重要なお願い!(4.11)

民主党の片棒を担ぎ、『報道しない自由』を行使して真実を報じないマスコミに期待しても始まらない。ならば民主党の問題点を広く国民に伝える為にも、『自分達の媒体を持つ』。この西田さんの考えに強く共感しました。その為にも西田さんの動画を数十万再生させる、微力ながら私も応援します。

「おいおい! 50万回なんて無理だろう!」って思う向きもありますが、「暗い暗いと嘆くより、進んで明かりを灯しましょう」でしたっけ?(※変な宗教はやっていませんよ)。本気でこんなことをお願いする西田さんに益々シンパシーを感じます。

西田さんの動画がメジャーな週刊誌並みの再生回数となり、多くの人が民主党や日本の問題を知れば、少しはマシな世の中になるかも知れないし、その時にマスコミがどんな反応をするんだろうなどと考えるとちょっとわくわくします。単純にそれだけです。

ちなみに西田さんの事はずっと以前の、西松建設事件を追及していた頃から支持していましたが、本当に信頼出来ると思ったのは「サファリパーク」の話を聞いてからです。あそこまで真剣に日本の問題と向き合い、どうすればいいかを真面目に考え、言いづらい事を恐れずはっきりと言ってくれる人は中々居ないと思います。話も分かりやすいですし。未だにマスコミが付けた『ヤジ将軍』などというレッテルを信じているなら、是非サファリパークの話を最後迄聞いてみて下さい。

以下、西田さんのビデオレターを文字起こししましたのでご覧下さい。そのままだと長くなるので、冗長表現はカットし意訳してあります。

※YouTube西田さん公式チャンネルの動画です
西田昌司「民主党はAIJ、マスコミはアイティーエムだ!」

more »

4.4西田昌司さん「小川、鹿野、筒井、そして野田!民主党は出鱈目だ!!」

2012.4.4参議院予算委員会、西田昌司さんの質疑を文字起こししました。今回も神動画です。但し、石井一の余計な一言で……。

阿比留さんのブログによると、野田は西田さんの質問について周囲に「ムカつく」と漏らしているとのこと。いやいや、多くの国民が民主党にもっとムカついているんだよ!!
そして西田さんに指摘されたこれらの問題を「少しもおかしいと思わない」民主党って本当にどうかしてると思います。吐きそうになります。そんな彼らをカメラさんがちゃんと捉えてくれました。GJです。

※コメントが不要な方はこちらを。西田さんのチャンネルです。
西田昌司「参議院予算委員会 質問 2012.4.4」

※以下の議事録も是非ご覧下さい。

以下、議事録全文と最後に関連記事を纏めておきました。

more »

3.19西田昌司さん「出鱈目な政治主導、そんな政権ならやめてしまえ!」

2012.3.19参議院予算委員会、西田昌司さんの質疑文字起こしです。

鹿野農水大臣と筒井農水副大臣の疑惑ですが、聞けば聞くほど……吐きそうです。

この問題はこの後4月4日の予算委員会で引き続き追求されます。議事録と関連資料を纏めましたので是非ご覧下さい。 4.4西田昌司さん「小川、鹿野、筒井、そして野田!民主党は出鱈目だ!!」

※コメントが不要な方はこちらを。西田さんのチャンネルです。
西田昌司「参議院予算委員会 質問 2012.3.19」

以下、議事録です。

more »

3.27西田昌司さん「民主党はAIJと全く同じじゃないですか!」

2012.3.27参議院財政金融委員会での西田昌司さん神動画です。本当に素晴らしいの一言。これ、西田さんは一度も原稿を見ずに質問しているんですよ。安住大臣が何と答えるのかも分からないというのに、ちゃんと時間通り、まるで脚本があるかの様にちゃんと落とし処に進んでいきます。

そして何より残念なのは安住大臣。本当にこの人は驚く程何も分かっていない。恒久財源、所得移転、GDPの話も最後は多少理解してくれたと思いきや、最終的には「子供手当も悪い物じゃないと思った」って、あなた、西田さんの話が全く理解出来てない証拠じゃないですか。もう良いです、さっさとお引き取り下さい。

おまけにやれ少子高齢化だ、人口減少だで、景気回復より先に今すぐ消費税増税しないと大変だと本気で思い込んでるようで、今迄一度も疑わずにいたのかよと。お役人にとっては本当に扱いやすい人かも知れません。少しは藤井聡さんらの話を聞いて勉強して欲しい。まぁそれは落選してからじっくりやって下さいなという事で。

※西田さん本人のチャンネルです。
西田昌司「参議院財政金融委員会 質問 2012.3.27」

以下、議事録全文文字起こしと、最後に麻生さんの5年前の関連記事を転載しておきます。

※白川総裁が2倍速かと思う程早口でよく聞き取れないところが幾つかありました。

more »

ホーム  次のページ »

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。