どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田昌司さん×中野剛志さん対談「ギリシャ危機と日本経済について」

西田昌司×中野剛志対談 「ギリシャ危機と日本経済について」 2012.6.4

京都大学大学院准教授・中野剛志さんが5月31日をもって大学を退官されました。

彼の議論や本を楽しみにしていた私としては非常に残念ではありますが、今後の中野さんの活躍を大いに期待し応援していきたいと思います。

以下、西田さんとの対談の文字起こしです。


スポンサーサイト

more »

ミツバチ失踪とモンサント、そしてF1種子。「国を開く」って一体…

一夜にしてミツバチが大量失踪する現象。2006年頃から世界中で騒がれていましたが、なんと、見覚えのある「あの会社」が原因調査会社を買収したとの噂。

という訳で、この際だから、非常に恐ろしいF1種子についてもっと知って貰おうという事で、中野剛志さん著「TPP亡国論」からの抜粋で纏めてみました。




■ミツバチ大量死の容疑をかけられている会社が原因調査会社を買収

ソース:http://www.gizmodo.jp/2012/04/post_10292.html

一夜にしてミツバチが原因不明に大量失踪するという現象が様々な所で報告されています。専門家らは懸命に原因を特定しようとしていますが、まだコレと確定した原因は特定されていません。原因の可能性としてあげられているものの1つに遺伝子組み換えとうもろこしの存在があります。

Monsantoは、そんな遺伝子組み換えとうもろこしのノウハウを持ったバイオテクノロジー関連の会社です。そして今回「蜂の繁栄を取り戻し、虫媒による受粉の未来を守る会」を行っている調査会社を買うことに決めました。

んー、これって容疑者が現場検証する、みたいなものですよね。




※ここから中野剛志さんの「TPP亡国論」、184頁からの抜粋です。F1種子の恐ろしさの前に、まずは貿易の戦略性について考えてみます。

more »

今後の日本国家はどうあるべきか【4】西部ゼミ2012.1.1放送

パート3からの続き

「西部さんは不必要に英語を持ち出すから…」って友人が言っていたんですが、西部さんが説明してるのはラテン・ギリシャ語などが語源の古い言葉で、例えるなら「人という字は…」とか「魚へんに青と書いて…」みたいな……一寸違いますかorz。しかし言葉本来の意味を知るのは結構面白いし、語源に興味のある自分にとっては違和感ないどころか興味深いです。「prescriptionを出せ」の話は笑い話ですね。

前々から『抜本改革』やら『閉塞感』、『ガラガラポン』って言葉には違和感と言うより嫌悪感を持っていたのですが、お陰様ですっきりしました。この言葉を好んで使う人を私は信用しません。

以下、ざっくり文字起こしです。

more »

今後の日本国家はどうあるべきか【3】西部ゼミ2012.1.1放送

パート2からの続き

以下、ざっくり文字起こしです。

more »

今後の日本国家はどうあるべきか【2】西部ゼミ2012.1.1放送

パート1からの続き

以下、ざっくり文字起こしです。

more »

今後の日本国家はどうあるべきか【1】西部ゼミ2012.1.1放送

元旦の夜に放送された西部邁ゼミナール、『今後の日本国家はどうあるべきか』のざっくり文字起こしです。放送後大分時間が経ちましたが、とても興味深い内容だったので折角だから文字で残したいと考えて…。

ここ数年は殆どTVを見る事もなくなったのですが、偶然番宣でこの番組に気付き、期待してオンタイムで見ていましたがあっという間の90分、第2弾を期待したいくらいの素晴らしい内容でした。お話の中に色んなヒントや答えがありますね。例えば、小泉政権の頃に良く言われた『自己責任』。あの頃は何か有ると自己責任、マスコミでも毎日何度となく繰り返し使われていましたね。急に頻繁に使われる様になって何故?って思っていました。また勝間氏の、自由化をOSに例える話も素人なりに違和感がありました。共通のOSでネットに繋げて…便利な反面、予めきちんと準備しておかないと速攻でウイルスに侵されあっという間に蔓延し、その対処に多大な時間とお金を費やしたり…。OSの制限に縛られたり、ロケールの問題、初期のバージョンが使い物にならなかったり等々、本人は上手い例えと思ったのかも知れませんが、逆にその危うさが浮き彫りとなるような…。

この番組をご覧になった方には、中野剛志さん×柴山桂太さん共著の『グローバル恐慌の真相』もお薦めです。ニコ生で放送された出版記念の対談(2011.12.22)も物凄く面白いです。このニコ生を見て思わずこの本をポチッとしたくらいです。YouTubeにもUPされていますので是非ご覧下さい。

そんな訳で若手保守論客のお三方には、今後益々のご活躍を期待します。

more »

ホーム

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。