どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党「第三の開国!?自民党政権のおかげで最も開かれた国です」【TPP】

衆院・予算委員会 2011.2.28
発言者:吉井英勝議員(共産党)
内容:TPP、マニフェスト詐欺、民主党声明詐欺、農業問題、食糧問題…
答弁者:菅直人、玄葉光一郎(国家戦略担当大臣)、野田佳彦(財務大臣)、鹿野道彦(農水大臣)
委員長:中井洽

今年1月に京大・中野剛志さんと三橋貴明さんが出演されたチャンネル桜の討論を聞いて、TPP参加はありえないと思っていたところに、2/28の共産党・吉井議員の国会中継を見て、再び民主党のマニフェスト詐欺・公約違反まで明らかになり、その直後の震災でしたからまさかTPP参加の話が再び持ち上がる事はないだろうと思っていました……。そんな訳で動画は3月初旬にUPしていたのですが、それっきりこの動画の存在を忘れていましたが、まさかの展開ですので議事録を纏めました。

開国だとか、バスに乗り遅れるなとかに騙されちゃいけません。この議事録にもありますが、そもそも民主党は「自民党政権のおかげで最も開かれた国」と言っていたんですから。

TPPを農業問題と矮小化してはいけませんし、金融や医療、サービスなどもっと重要な問題もあります。しかしここではあえて農業問題に着目してみます。吉井議員が説明している様に、NAFTAの例、投機マネーの件、今後の飢餓対策……様々な問題が予測されるのに、民主党が言っている様な戸別所得補償を増やせば解決するという問題ではありません。

あとで後悔しない為にも、今しっかりと考えておくべきだと思います。そして何より民主党はまたしても国民に嘘をついていたのですから、解散して信を問うのが筋じゃありませんか。

【鎖国は何処行った?】総理と学ぶ農業問題。-TPPだけじゃねぇぞ!-

以下、議事録全文です

スポンサーサイト

more »

【麻生さん】台湾訪問 小遣いの義援金に感謝 (2011.10.9)

前回の記事「山谷えり子議員質疑(2011.04.20)」の前半で明らかにされた、民主党政権の台湾に対する失敬な態度に腹立ちついでに、それを尻拭いした麻生さんの台湾訪問記事を纏めておきます。

民主党は野党時代、あれだけ麻生さんを扱き下ろしたのに、今年1月にはブラジルのルセフ大統領の就任式に首相特使として派遣したり、6月に中国で行われた「アニメ・フェスティバル」の開幕行事に首相特使として派遣したり…図々しいにも程がある。本当に民主党は失敬で恥知らずな輩の集団だと思います。

more »

【拉致問題・特定失踪者問題】山谷えり子議員質疑(2011.04.20)

参院・北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 2011.4.20
発言者:山谷えり子さん
内容:拉致問題(特定失踪者、山本美穂さん、教育現場での啓発活動)、台湾からの義援金への政府対応など
答弁者:松本剛明(外務大臣)、中野寛成(国家公安委員会委員長)
政府参考人:西村泰彦(警察庁警備局長)
委員長:白眞勲

拉致問題に熱心に取り組んでいる山谷えり子さんの国会質疑です。特定失踪者、山本美保さんに関する質問があったので議事録をまとめてみました。 山本美保さんと言えば、チャンネル桜でも取り上げられた謎の多いあの事件です。(以前の記事~なぜ政府は特定失踪者を拉致認定しないの?~にも関連記事等を纏めてあります)

また、アニメ『めぐみ』についても触れられています。この動画は、政府 拉致問題対策本部『アニメ『めぐみ』ダウンロード』から各国語でDLできます。

終盤には、日頃青山繁晴さんらが指摘している、北朝鮮が崩壊した時にどのよう救出するか、そのために何を準備しなければいかないのかなどについて質問がありましたが、民主党の答弁を聞く限り…何の期待も持てません。早くまともな政権に戻さないと…と思います。

前半

後半


以下、議事録の全文です。

more »

政権交代直前の麻生さんの演説をいま改めて聞いてみる

政権交代1ヶ月前の2009年8月1日、新潟での演説。あの時の異常な空気を思い出しながら、これまでの民主党の実績(?)を思い出しながら、日本の置かれている現状を考えながら、改めて聞いてみてました。

選挙戦が始まって最初に行かれた場所は、横田めぐみさんが拉致された新潟。優先順位の一番は景気回復だと訴える麻生さんが、それと同じ位に拉致問題や安全保障を真剣に考えていた証拠。「景気回復というものに、この10ヶ月間、政策の全てをかけてきた」と仰る通り、突然訪れた百年に一度の経済危機を乗り切る為に全力を尽くし(※1)、そのため目に見える拉致問題の進展が無かった事はきっと悔しかったろうと思います。(マスコミが妨害さえしなければ話は違ったかも知れません)

驚く程的確に、民主党の危険性や問題点を予言した麻生さん。マスコミに騙され、政権交代という言葉に踊らされ民主党に期待をした人達にとっては単なるネガキャンとしか受け止めてもらえなかったでしょうけど。

民主党政権になって3人目の首相ですが、鳩山氏が辞任会見で述べた「国民が聞く耳を持たなくなった」等々、彼らの言い訳がましい態度を散々見せつけられた後だと、麻生さんの「自分の力不足であり、また自分の失敗であり…心からお詫びを申し上げる次第です」という言葉は、今にして思えばとても新鮮というか男らしいというか…。鳩山氏や菅氏ならきっとリーマンショックやマスコミの所為にしていたでしょうね。

この演説を聞いて改めて思います。あのまま麻生政権が続いていれば…と。

以下、全文です。

more »

麻生さんの予言を失言・暴言として特集していたマスコミ

たまたま見つけた「赤旗」の麻生さん叩き記事。御丁寧にカテゴリー分けまでされていますが、余程この記事の方が「偏見」に基づくものだと思います。「国内外から批判」と書かれていますが、国外って何処の国の事ですか?

こうして発言の一部だけを切り出して無理矢理「暴言」とするのは如何なものかと思います。「北朝鮮のミサイル発射について」の発言なんて強引すぎます。

最近、マスコミの言葉狩りが批判されていますが、麻生さんや安倍さんの時は本当に酷かったと思います。しかも、言っていることはどれも正論。中には冗談もありますし、なぜそんなに目くじらを立てて大騒ぎしていたのか。瑣末な事に囚われて、最も重要な事を聞き逃したんじゃどうにもなりません。「豪雨、岡崎だったからいい」発言への批判は正に本末転倒。こうして過去の発言を振り返ると、誰が正しくて誰が間違っているか、誰が総理に相応しいか良く分かります。

新総裁 麻生氏 発言録
婦人に参政権与えたのは失敗/創氏改名は朝鮮の人が望んだ/豪雨、岡崎だったからいい。

自民党総裁になった麻生太郎氏は、党青年局長のときから数々の失言・暴言を繰り返し、国内外から厳しく批判されてきました。

※2008年9月23日(火)「しんぶん赤旗」

more »

麻生さんの為公会例会の動画と要旨を纏めてみた(2011年)

今年1月からの為公会例会の動画と要旨を纏めてみました。(※今後の記事も此処に追加します)

※2011.10.27の動画を追加しました(2011.10.29)。

民主党の問題点とそれにどう対処すべきか、またこの国難に何をすべきか等々、麻生さんは一切ブレることなくその方針を示している事が分かると思います。まるで自民党が政府の足を引っ張っている様なマスコミ報道は明らかに間違いです。

注目すべきは6/23に話された内容。当時は通常国会の会期延長が50日か70日かを巡って混乱し、マスコミも「政局」と煽っていましたが、何故自民党が50日と主張していたのか。あの時、国民と良識有るマスコミがその真意を分かって50日を後押ししていれば、その後の代表選の混乱も、不完全内閣の誕生も、会期4日の臨時国会の混乱も、3次補正の遅れもここまで酷い状況では無かったかも知れません。無論、無能な民主党ですから何の道混乱は避けられなかったでしょうけどね。(2011.10.01)

more »

ホーム

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。