どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田昌司さん【この浅薄きわまる憲法を如何にせん】西部ゼミ2012.6.9

西部ゼミ 西田昌司さん2012.6.9

2012年6月9日放送の西部邁ゼミナールに西田昌司さんがご出演されました。これが物凄く面白い。なので是非多くの方に見て欲しいということもあって文字起こししました。

この動画を見ていて西田さんの何処が好きなのか、今更ですがふと気付いた事があります。西田さんは物事を真っ直ぐ正面から捉えて一所懸命に問題の本質を探り当てようとしていると感じます。陰謀論を持ち出したり、例えば官僚が悪とか、そうした決めつけをせずに何がどう問題なのか、どうすれば解決に近づくのか、それがタブーであっても恐れずに西田さんなりの考えを聞かせてくれます。そんな西田さんの話に共感したり、なるほどと納得したり、意見が異なっても考える切っ掛けになったり。話を聞いていて後ろ向きな考えに陥ることはありません(どちらかと言えば逆です)。
ところが昨今の評論家や知識人らはどうも穿ったものの見方だったり、初めから斜に構えていたり、悪意に満ちていたり、本質を避けて誘導しようと見え見えだったり、或いは端から結論ありきだったり。話を聞いていて嫌な気持ちにさせられることが屡々。そういうのに今までウンザリさせられていたから尚更好感が持てるのかも知れません。

素晴らしい番組をネット配信して下さったTOKYO MXさんに心より感謝を申し上げます。




小林麻子さん
西部ゼミ 西田昌司さん2012.6.9

5週連続の大企画、「この浅薄きわまる憲法を如何にせん」

ゲストには参議院議員の西田昌司先生をお招き致しました。

西田先生は2007年に参議院に初当選後、参議院自民党国会対策副委員長などを歴任されて、現在は参議院憲法審査会の幹事を務めていらっしゃいます。

この平成を眺めましても、構造改革ばかりが叫ばれ、議論を尽くさず世論を煽った単なる人気投票で一国のリーダーや政党が選ばれている様に感じます。

今話題になっている首相公選制も参議院の廃止も、憲法改正に関わる事であり、まず憲法問題を論じなければなりません。

最終回は「政党議会政治を衰弱死させるな」ということで、「新党」運動に於ける「首相公選制と参院廃止」について論じて頂きます。

スポンサーサイト

more »

こじれた政治の原因はマニフェストだと報ステ解説員6.12

前回衆院選の頃は、毎日毎日マニフェスト、マニフェストと大騒ぎしていたマスコミがついに「マニフェストガー」です。思わず自分の耳を疑ってしまいましたが、随分といい加減な話で本当に驚きました。最後の頃にはマニフェストじゃなくて「公約」って言ってるし…。突っ込み処が沢山あってどこから突っ込めばいいのか分からない状態です。

2012.6.12放送の報道ステーション。まずは後半の古館と三浦のやり取りです。

古館

三浦さん、もうちょっと政治の今の流れを、大きく引いて見てみると、どんな事が言えるんでしょう?」

三浦俊章・朝日新聞論説委員
報道ステーション2012.6.12

ちょっと距離を置いた見方をしてみますと、野田さんは「財政再建待ったなし」だと言って、小沢さんは「国民との約束守れ」と。私は二つとも正論だと思う。むしろこれは民主主義についての、二つの考え方の対立だと思う。小沢さんのは民意に直結する民主主義なんですね。ですからマニフェスト違反は国民の裏切り。

ただ一方、日本の政治は間接民主主義ですから。我々が選んだ国民の代表である国会議員が話し合って決める。その意味では民主党も自民党も公明党も、私達が選んだ人達が修正協議してるので、こちらもまた正当性があるんです。

そうすると民意直結の民主主義と、間接民主主義がぶつかっている。なんでここまでこじれたかというと、私はやはりこれは、余りにも硬直したマニフェスト政治だと思う。選挙の時のマニフェストで雁字搦めにして、あとは実行するか撤回するしかない、という形になったんです。

ところが元々野党というのは、政策の情報ありませんし、選挙に勝とうと思ったら詰めの甘いマニフェストを作ってしまうんですね。ですから本来は2段階でやるべきだったと思うんです。大方針だけ決めて、政権についてから細かい詳細の案を決める。そうすればマニフェストを修正したり拡充させたり柔軟に対応出来る。

ところが黒か白かの対決なんだと。その結果が今の、何が何でも公約という、小沢さんの原理主義と、やや首尾一貫性の欠いた野田さんの現実主義との対決となった。

私はもう妥協はできないと思うんです。だから数で決着する。それが今の政治の現状じゃないかなと思います。

more »

【慰安婦の碑】阿比留さん&古森さん参戦!【愛国記者VS反日記者】

慰安婦問題について産経の阿比留さん古森義久さんのお二人と、西日本新聞が取り上げたので、これらの記事をまとめてみました。

西日本新聞の記事には怒りを通り超して呆れるばかりです。この事件について何も知らない方が読まれたら、大きな勘違いをしてしまうでしょう。海外支局の記者とは言え、山谷さんらにインタビューもせず一方的に相手の言い分だけをまるで正しいかの様に垂れ流す。韓国の反日プロパガンダに与したと思われても仕方ないでしょう。突っ込み処満載なので、阿比留さん古森さんの記事とよく見比べてみて下さい。彼らもまた、阿比留さんが仰る様な「内なる敵」。背後から撃たれない様に、しっかりと動向を見極めましょう。

まずは阿比留さんの記事から。

more »

西田昌司さん×中野剛志さん対談「ギリシャ危機と日本経済について」

西田昌司×中野剛志対談 「ギリシャ危機と日本経済について」 2012.6.4

京都大学大学院准教授・中野剛志さんが5月31日をもって大学を退官されました。

彼の議論や本を楽しみにしていた私としては非常に残念ではありますが、今後の中野さんの活躍を大いに期待し応援していきたいと思います。

以下、西田さんとの対談の文字起こしです。


more »

ホーム

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。