どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大衆人の議論の特徴について(藤井さん×中野さん『日本破滅論』より)

以前、麻生さんが「会議では結論を出すことが重要だ」と話していたことがあり凄く納得した覚えがあります。というのも、民主党が野党時代の7年間、党の分裂恐れて年金一元化の議論避けたり、TVカメラの前では「TPP絶対反対!消費税反対!」などと徹底抗戦の構えを見せるも、結局はお約束の様に結論を誰かに一任する民主党を見ていて凄い違和感があった所為です。

或いは、震災後に噴出した原発の議論や、朝生などもそうですが、「何か違うんじゃないの?」と思っていました。西田さんが出演した朝生の議論もそうです。要するに何かの所為で議論にならないんですね。それは一体何なのだろうと思っていたのです。長くそんな疑問を持ち続けていたところで、たまたま読んだ、藤井聡さん・中野剛志さんの共著『日本破滅論』で少し謎が解けました。

これを読みながら、朝生での西田さんと他の人達のやり取りを思い出し、「あぁなるほど、そういうことか」と勝手に納得していました。

この本はその刺激的なタイトルに反して、凄く前向きに考えさせられます。第1章の『危機論』、第3章の『物語論』などはこれからの日本がどうなっていくのか考える上で非常に重要なテーマを示していると思います。お薦めの一冊です。

以下、『大衆人の議論の特徴』について論じた第4章『政治論』、p.171~175を抜粋します。

スポンサーサイト

more »

「民主党が失敗することは最初からわかりきっていた」と京大・佐伯啓思教授

いよいよ民主党政権の終わりが近づいてきました。解散総選挙も「近いうち」に行われることでしょう。しかし、前回の政権交代がなんだったのか。自民党には「反省しろ」とか「総括しろ」というマスコミからは何の反省も聞こえてきません。ならばということで勝手に考えてみたいと思います。

3年前、マスコミによって民主党が強力にプッシュされた理由は、お金をばら蒔いたとか、政権取ったらブレーンにすると口約束で知識人を騙し応援させたとか、地方参政権を餌に外国人に応援させたとか、広告代理店がB層を対象に宣伝工作を仕掛けたとか、いろいろあるでしょうが、どうもそれだけでは納得出来ない何かがありました。多くの国民がそんな簡単に騙されるものなのかと。そうこうするうちに、「自民も駄目、民主も駄目、次は維新だ!」などと言い出す人達まで居て、一体この人達は、あの政権交代から何を学んだのだろうと不思議に思っていました。

そんな時に京大・佐伯啓思教授の著書「反・幸福論」を読んで、その疑問が少し埋まった感じがしました。無責任な人達に「政権交代すればすべて良くなる」と煽られ、だが世の中は前よりも確実に悪くなり結局国民は政治不信に陥ってしまった。解散総選挙が近づいた今、二度とあんな愚かな政権交代を繰り返さないためにちょっと考えたいと思います。

「反・幸福論」に関しては、納得のいかない内容も大いにあるのですが、民主党について書かれた第九章は腑に落ちました。

以下、「反・幸福論」の第九章、「民主党、この『逆立ちした権力欲』」からの抜粋です。

more »

ホーム

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。