どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拉致問題】「救う会」会長・西岡力さん「真の意味での主権回復とは?」

2013.5.11に行われた、「主権回復記念日国民集会」における「救う会」会長・西岡力さんの演説を文字起こししました。

2/3【完全版】平成25年 主権回復記念日国民集会[桜H25/5/11]

「救う会」全国協議会会長 東京基督教大学教授 西岡力さん

※動画の26分から西岡さんの演説が始まります。

西岡さんの演説から拉致問題に関するポイントをまとめました。

一番最初の拉致事件は50年前に発生した寺越事件である。社会党(今の社民党)はこれを美談にすり替えてしまった。
※関連記事:「寺越事件」拉致と認識 救う会要望に古屋担当相(2013.5.18)

この件以外でも社会党(社民党)は罪深いです。

88年、北朝鮮に拉致された石岡亨さんは家族に宛てた手紙を外国人に託します。ポーランド消印の手紙を受け取った家族らは、藁にも縋る思いで北朝鮮と友好関係にあった社会党の土井たか子委員長に助けを求めます。しかし朝鮮総連兵庫支部に連絡を入れて結果的に事件をもみ消してしまう。社会党は拉致を認めていませんでした。

社民党の公式HPには、《「韓国安全企画部や産経新聞のデッチ上げの疑惑があり、少女拉致疑惑事件は新しく創作された事件というほかない」と事件の捏造を断定する趣旨の北川広和の論文を載せていた。》(wikiより)そうで、しかも金正日が拉致を認めた後も約2週間もそのまま(阿比留さんブログより)だったとか。救いようのない政党です。

北朝鮮に拉致されていた当時の曽我ひとみさんは、日本から助けが来るのを待っていた。
1990年、曽我さんは金丸訪朝団に期待をかけたが、拉致問題が議題に上ることはなかった。

「政界のドン」と呼ばれた自民党田中派・金丸信と、当時社会党の副委員長であった田邊誠(その後委員長)らによる金丸訪朝団。金丸は北朝鮮から金塊貰ったとか弱み握られたとか悪い噂しか知りません。田中派と社会党といえば、民主党の構成要素です。田邊は民主党設立にも関わっています。民主党があの半島にズブズブなのはこの頃から分かっていたとも言えます。

大物議員二人を含む訪朝団ですから、この時の曽我さんは期待した分だけさぞや口惜しかったことでしょう。それでも諦めずにいてくれた。今でも多くの拉致被害者らが諦めずに待ってくれている、その気持ちに少しでも早く応えなくてはなりません。

一時帰国した拉致被害者らの本心は、「日本が守ってくれるならば日本に残りたい」であった。

一時帰国した拉致被害者らの本心がマスコミに漏れぬよう細心の注意を払いながら、安倍さんと中山恭子さんは断固として彼らを守りました。あの時のマスコミや解説者らは、「一時帰国なのだから、北朝鮮との約束を守って返すのは当然だ」という論調でした。更にこの時の政府=つまり安倍さんと中山恭子さんに対してマスコミは、彼らの帰国の邪魔をし、北朝鮮にいる子供達との仲を引き裂く人非人のような印象操作で世論誘導を行いました。あの時、マスコミの世論誘導の怖さを知りました。マスコミに対する不信感も芽生えました。「非道な誘拐犯に人質を返せというのか。マスコミは一体どの国の味方なんだよ…」 思い出しても怒りが込み上げてきます。それと同時に身の毛がよだつ恐ろしい話でもあります。

この時の安倍さんと中山恭子さんのエピソードはお二人が信頼出来る政治家であるという証左でもあり、私が恭子さんを尊敬する理由でもあります。

以下、演説の全文です。

スポンサーサイト

more »

ホーム

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。