どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山谷えり子さん訪米報告。恐るべき韓国系米国人の反日プロパガンダの実態

米国の小さな街の公共図書館敷地内に建てられた慰安婦の記念碑について、訪米して抗議を行ってきた山谷えり子さんの報告動画がUPされていましたので、これを文字起こししました。関連記事も転載しておきましたので、是非ご覧になって下さい。

山谷さんが語られている様に、これまでは「相手にしなくていいんじゃないか」と思っていたのでしょうが、どうやら大きな間違いだったようです。山谷さんが仰る通り「これまでのやり方は、大いに見直さなければならない」

何故なら、この街はなんと韓国系米国人が人口の半分を超えているのです。同様に韓国系米国人が多い都市が22カ所もあり、「そこにも慰安婦の碑を建てる!」と市議会議長(韓国系米国人)が宣言しています。(※関連記事1を参照)

これに対し日本側は、公式な資料を基に抗議しているのですが、対する市議会側の「歴史的事実」とする根拠は「日本人1人を含む学識者4人の見解」だそうで、この日本人が誰か公表されていませんし、一人はなんと学生です。(※関連記事3を参照)。記事にある「在籍していた学生」という記述も何か含みがあって引っ掛かります。

また、関連記事4にもある通り、ニューヨークでは中国系市議会議員もこの動きに便乗している模様です。

この様に、「根拠のないことが、なし崩し的に既成事実化されていきかねない」(※関連記事2、古屋議員談)状況ですので、きちんとした対策をとっていかないと取り返しがつかないことになってしまいます。私達日本人を「レイプ魔の子孫」呼ばわりだなんて、ふざけるなって話です。まずは私達がこの問題をしっかり認識し広めていく必要があると思います。

以下、山谷えり子さん訪米報告の文字起こしと、関連記事です。




【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16

皆様、ごきげんよう。参議院議員の山谷えり子でございます。

5月6日から一週間、米国へ行って参りました。拉致議連のメンバーとして拉致問題を、政府高官、いろいろな国会議員、外交委員長などに伝えていろんな意見交換をしてきました。

それからもう一つは、いわゆる慰安婦の記念碑がニュージャージー州に建ちまして、その記念碑の中に、20万人の女性・少女を日本帝国軍・日本の軍隊が拉致(アブダクト)して慰安婦にした、というような間違った記述が書かれておりますので、事実でないことがこの様に広まっていくということは、日米関係にも日韓関係にも良くない事ですので、その抗議、そして記念碑の撤去を求めてまいりました。

【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16

これが慰安婦の記念碑なんですけれども、大きさが(身振りで)このぐらいなんですね。場所がニューヨークのマンハッタンから車で30分くらいの所の、ニュージャージー州のパリセイズパークという美しい街でした。人口が2万人弱。元々は日本人が割と多かったんですけれど、今は韓国系米国人が人口の52%になっているというという街で、そこの公共図書館の横、敷地内に記念碑が建ったわけです。

【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16

私達は自民党の有志議員団として4名の国会議員、古屋圭司先生、塚田一郎先生、竹本直一先生、そして私とで参りまして、市長さんと副市長、市議会議長、図書館長、関係者などにお会いして、事実と如何に違うかという様な事を資料を基に申し入れをしてきました。

2時間以上、いろんなやり取りをしたんです。英語でこういう様な物を用意しまして

【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16
【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16

1944年当時の新聞、韓国ソウルの新聞などにも、『慰安婦募集、月給は幾ら幾ら、年齢は何歳くらい、どこそこに派遣』という様な事で、要するに民間事業者が行ったことであって、日本の軍隊・軍が拉致したなんて事実は全く無いんだと。ベトナム戦争の時も、朝鮮戦争の時も、軍と下半身の問題は、いつの時代にも何処の国でも、悩ましい問題であったんだという様な事を説明しました。

【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16
【山谷えり子】訪米報告、韓国人の反日プロパガンダ 2012.5.16

また、ナショナル・アーカイブス(国立公文書館)という所にも、強制連行は無かったというような資料がある、という様なことで、公の資料を基に意見を言ったんですけれども、向こうの方達は、1000票くらいで市議一人が当選してしまう。6人しか市議がおらず、うち2人が韓国系副市長(市議と副市長とを兼務している)は、20年間政治運動をやっていたという、プロの運動家の様な方で、その方が市長の横に座り、また市議会議長(韓国系の議員)が横に座り、両脇から何か威圧するような、或いは意見を言いながら…。市長も韓国系の意見を聞かないと当選出来ないという事情があるという事は良く分かりました。

後の方に何故か傍聴席の様なものが作られ、入れ替わり立ち替わり何十人もいらしてましたね。そして突然市民が立ち上がり、わーっと、私達の言うことに異議を申し立てたり、それから中学生の様な子供もいまして、兎に角「20万人、日本軍が拉致をした、そして慰安婦にした」、という事実でないことが教え込まれているんだという、悲しい状況でありました。

私達がいろいろ事実を基にして、抗議したにも関わらず、最後に市議会議長が、「これから米国で22(ヶ所に)こうした記念碑を作っていく」。ニュージャージー州のパリセイズパーク市の市議会議長がそんな宣言をするって、正に運動家という感じで、本当に残念でございました。

私達はこれからも事実資料を送るから、間違った事を広げないで頂きたいという事を、申して参りました。

その後に、ニューヨーク、ニュージャージー州の日本人学校の校長先生、教頭先生、先生、そして保護者の皆さんにお会いしまして、このところ韓国系ロビイストや韓国系米国人が、非常にこういう行動を起こしているんです。

例えば、「『竹島は日本の領土だ』と書いてある教科書を日本人学校で使うのをやめろ!」とか、「補助金出さないぞ」とか圧力を掛けてきたり、それからバージニア州ですけど、「東海と日本海を併記する教科書にしろ」とか、いろんなことがありますので、教育関係者、保護者も心配をしていらっしゃいました。

事実ではないのに「レイプ魔の子孫」なんていう風に言われて虐められる等ということがあってはならない、ということで事実を争って裁判を起こそうかとか、或いは今、オバマ大統領に署名を集めて、一か月に25000署名を集めると、連邦も取り扱うと云う事なので、「事実ではないから記念碑を撤去して欲しい」と署名を集めようかとか、いろんな動きに繋がりましたので、今回の訪米は良かったと思います。

日本の外務省は腰が引けておりまして、3月の予算委員会で私が野田総理にこの件を「これはどう思いますか」と聞きましたら、「数も経緯も根拠がないのではないか」と総理はお答えになられたが、その後も外務省はきちんと抗議をしてないんです。

私達が行くと言うことで、慌ててニューヨークの総領事が言ったんですけれども、私達が行った後に、韓国からは国会議員3名が早速この記念碑に来て、献花をしたという、韓国側の反応はとても早くて一致団結型だなと思いました。

韓国のテレビ局も6台のテレビカメラが来ていました。

事実でないことには戦っていって、日本の名誉を守らなければなりませんし、子供達の心を守らなければならないと思います。

今迄は、「そんな馬鹿なこと本当相手にしなくていいんじゃないか」という様な、日本は態度だったんですが、相手にしなければこれが事実となって広まってしまう訳ですから、やはりこれまでのやり方というのは、大いに見直さなければならないんだろうと思います。

ニュージャージー州の地元の新聞に、「事実を出す広告を出そうか」という動きもありまして、私達はありとあらゆる事をして名誉を守らなければならないと思っています。

それから、拉致問題の方では、2004年に中国雲南省でデビッド・スネドンさんという、ユタ州の24歳の若者が拉致されたのではないか、ということが、いろいろな調査で分かってきまして、拉致の疑い濃厚、4月28日には日比谷の国民大集会にも、両親兄弟がいらっしゃいました。

私達は中国の国家公安局が絡んでいるんじゃないか、或いは北朝鮮の保衛部(=国家安全保衛部。北朝鮮の秘密警察)が脱北者をいろいろ捕まえるという中で、このスネドンさんが巻き込まれたのではないかという疑いも捨てきれませんので、中国(=米国の言い間違い)の国務省に圧力を掛けてきました。

それからユタ州選出の国会議員にもお会いして、この事実を伝えてきましたので、米国で段々このケースが大きくなりつつあります。

被害国が12カ国にのぼると思われていますが、米国が加われば13カ国。この北朝鮮の非道、許す訳にはいきません。




※関連記事1

「全米22カ所に慰安婦の碑」 米市議会議長が自民議員に宣言

産経:2012.5.15 22:05
ソース:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120515/plc12051522070020-n1.htm


米ニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館に慰安婦の碑が建設された問題で、同市議会の議長が訪米した自民党議員に対し、全米22カ所で同様の碑を建立する意向を示したことが15日、分かった。

同日の自民党「領土に関する特命委員会」で報告された。それによると、古屋圭司衆院議員らが今月6日、同市のジェームズ・ロトゥンド市長と会談した際、韓国系米国人のジョンチュル・リー議長が同席。リー氏は同市のように韓国系米国人が多い都市が22カ所あると指摘した上で、「22カ所で碑を作る運動をする」と宣言したという。

同市が建設した慰安婦の碑には「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女」などと記載されている。野田佳彦首相は「数値や経緯を含め根拠がないのではないか」と疑問視しており、広木重之ニューヨーク総領事が1日にロトゥンド市長に撤去を申し入れていた。

米国内でもこの碑の撤去を求める動きが出ているが、特命委では、オバマ大統領から正式な回答を得るために必要な署名数(2万5000人)に対し、15日午前現在で1150人が集まっていることも報告された。

また、韓国政府の補助を受けて5日に開館したソウル市の「戦争と女性の人権博物館」の展示の中に、日本政府が全面的な責任を認めず法的な責任を果たそうとしていないとする記述があることも報告された。駐韓日本大使館は7日、「不適切な表記は問題だ」と韓国外交通商省に抗議した。

※関連記事2

韓国系が数の論理でごり押し 米の慰安婦の碑 根拠乏しい「20万人拉致」

産経:2012.5.11 11:23
ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/news/120511/amr12051111250007-n1.htm


【ワシントン=犬塚陽介】「日本軍が20万人を拉致」などとする慰安婦の碑が設置された米ニュージャージー州パリセイズパーク市は、韓国系米国人が人口の約52%に達し、副市長や市議を送り込むなど、韓国系社会が極めて大きな影響力を持っている。根拠に乏しい碑文が数の論理に後押しされ、事実関係が精査されることなく、既成事実化していった可能性が高まっている。

地元メディアは同市のジェームズ・ロトゥンド市長が9日、碑の撤去を要求した自民党の有志議員団の訪問について、「彼らは歴史を変える使命を帯びているのかもしれない」と述べたと伝えた。

ジェイソン・キム副市長も被害者「20万人以上」や日本軍の組織的な「拉致」を示す具体的な証拠の提示を求めた産経新聞の取材に「日本側の主張にこそ、根拠はない。まずは韓国で(元慰安婦の)被害者に面会すべきだ」と語気を強めるなど、市側は碑の文言に「間違いはない」との主張で一貫している。

6日の記者会見では、ロトゥンド市長の左右にキム副市長と韓国系の市会議員が着席。2人はまず韓国語、その後に英語で受け答えした。「拉致」などの記載に関する具体的な資料は提示せず、韓国系とみられる大学教授らの見解を根拠に置く対応に終始した。

自民党の有志議員団は今回の訪問で、政府としての調査内容だけでなく、慰安婦募集の新聞広告などの客観的な資料を提示し、市側が主張する「拉致」と事実は異なると強調した対応とは対照的だ。

碑の文面決定の経緯にも疑問点が浮上している。慰安婦に関する市側の調査を主導し、碑の図柄デザインも担当したスティーブ・カバッロ氏によると、当初20万人などの数字がない「詩が記される予定だった」が、設置計画の協議参加者の意向で文面が差し替えられたという。

碑の設置は2009年8月、カバッロ氏と「韓国系米国人有権者評議会」が市側に持ち込んだことで具体化。ロトゥンド市長とキム副市長を加えた4者で計画を協議したが、参加者が日本側の主張や両論併記の必要性について議論したことはなかったという。記載内容を客観的に精査せず、結論ありきで協議が進んだ可能性は濃厚だ。

自民議員団の古屋圭司衆院議員は「根拠のないことが、なし崩し的に既成事実化されていきかねない」と話している。

※関連記事3

「日本軍20万人拉致」慰安婦の碑建立 韓国系5割超の米自治体

産経:2012.5.11 08:54
ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/news/120511/amr12051108550002-n1.htm


【ワシントン=犬塚陽介】米ニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館に「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女」などと記載された慰安婦の碑が建立され、波紋を広げている。自民党の有志議員団が6日に同市を訪れ、記載内容は事実無根として撤去を求めたが、市側は「歴史上の事実」などと要求を拒否した。同市は人口の約52%を韓国系米国人が占めており、韓国系団体が碑の設置を支援したことも判明。放置すれば米自治体が認定した既成事実として、独り歩きを始めかねない状況だ。

碑の設置は同市が主導、「韓国系米国人有権者評議会」の支援で2010年10月23日に設置された。同評議会は、米下院が07年7月に採択した慰安婦に関する対日非難決議を後押しした団体の一つだ。

碑には「1930年代~45年まで、日本帝国政府の軍に拉致された慰安婦として知られる女性や少女のために」と記され、「彼女たちは、誰もが認識すべき人権侵害に耐えた」と強調し、「人道に対する罪を決して忘れないようにしよう」と訴えている。

また、日本兵が膝を抱えてうずくまる女性に高圧的に命令を出しているかのような絵も描かれている。

自民党の古屋圭司衆院議員ら衆参4議員は6日、現地視察後にジェームズ・ロトゥンド市長らと面会。日本政府の度重なる調査でも当時の政府や軍が強制的に女性を拉致し、慰安婦にした事実はないと抗議した。

ロトゥンド市長や韓国系のジェイソン・キム副市長は面会後に記者会見し、20万人という数字が増減する可能性はあるが、日本軍による拉致は「歴史上の事実であり、変えることはできない」と撤回を拒否。その根拠として、日本人1人を含む学識者4人の見解を重視したと語った。

市側はその後産経新聞の取材に、日本人以外の3人の実名を公表したが、いずれも韓国系とみられる女性で、サンフランシスコ州立大の教授、著述家兼映像作家、市の調査時にエール大の博士課程に在籍していた学生だった。

この問題をめぐっては今年3月、議員団の一人の山谷えり子参院議員が予算委員会で取り上げ、野田佳彦首相が「数値や経緯を含め根拠がないのではないか」と答弁していた。

地元メディアによると、同市には9日、韓国の国会議員3人が訪れて碑に献花した。ロトゥンド市長は韓国メディアを前に、自民党の有志議員団は市側を威圧したかったようだと指摘した上で、「そのようにはならない」と述べたという。

10年の米国勢調査によると、同市の人口は1万9622人で、韓国系米国人が51・5%を占めている。

※関連記事4

今度はNY市に慰安婦通り 中国系市会議員が計画

産経:2012.2.28 08:22 ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/news/120228/amr12022808230002-n1.htm


【ソウル=黒田勝弘】慰安婦問題を材料にした反日行動が内外で目立っているが、今度は米ニューヨーク市で通りの名前を慰安婦を記念するものに改名する計画が持ち上がっている。

27日付の韓国紙によると計画を推進しているのは中国系のピーター・クー市会議員。自らの選挙区でもあり、韓国系米国人らが多数住んでいるニューヨーク市クイーンズのフラッシング地区で、通りの名前を慰安婦を“追慕”するものに改める条例案をまとめつつあるという。

クー議員は1970年代初めに米国に移民し薬局チェーンで成功した事業家。このほか地区の公園に慰安婦記念碑を建てることも計画中という。

米国では在米韓国人や中国人らによる日本の慰安婦問題を取り上げた反日運動が盛んで、2007年に米下院で日本批判の決議案が採択されているほか、慰安婦記念碑も一昨年、ニュージャージー州に建てられている。

昨年は在米韓国人団体主催のナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺を生きのびた女性元慰安婦の韓国人女性“出会い”といったイベントもあった。また、日本人学校に対し、竹島問題を記述した日本の教科書の使用中止を求める動きもあった。

※関連記事5

米の慰安婦碑 政府も公式に撤去求めよ

産経:2012.5.12 03:22
ソース:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120512/plc12051203220007-n1.htm


米ニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館に慰安婦の碑が設置され、自民党有志議員が「内容が事実無根」と同市に撤去を求めた問題で、市は「歴史上の事実」などと拒否した。

碑にはうずくまる女性を日本兵が威圧するような絵が描かれ、「1930年代から45年まで旧日本軍に拉致され、慰安婦で知られる20万人以上の女性や少女らの人道に対する罪を忘れないために」などと記されている。

これは史実と全く異なるだけでなく、国の名誉にもかかわる重要な問題である。日本政府が改めて公式に撤去を要求すべきだ。

宮沢喜一内閣の平成3年~5年にかけて、各省庁や米国立公文書館など内外で集めた二百数十点の公式文書には、日本の軍や警察が慰安婦を強制連行したという証拠は一点もなかった。碑文は明らかに史実を捏造(ねつぞう)している。

市はその後の会見で「20万人」という数字が増減する可能性に触れたが、数字の問題ではない。

日本の官憲による慰安婦の拉致もしくは強制連行はなかったのである。日本側の客観的資料も示しながら市に抗議した自民党の古屋圭司、山谷えり子議員らの活動を評価したい。

野田佳彦首相も3月の参院予算委員会で、20万人以上の慰安婦が日本軍に拉致されたとする碑文について「数値や経緯を含めて根拠がないのではないか」と答えた。この発言を行動で示すべきだ。

パリセイズパーク市は韓国系米国人が半数以上を占める。同じニュージャージー州では昨年9月、韓国系米国人の実業家が、日本人学校で竹島を「日本固有の領土」と記述した教科書を使っているのは「偏向だ」とし、州に日本人学校への補助停止を求めた。要求は当然、拒否された。

また、今年1月には、ワシントン近郊のバージニア州議会で、州内の公立学校の教科書に日本海を「東海」と併記することを求める州法案の採決が行われ、1票差で否決された。韓国系米国人や韓国人が多く住む選挙区選出の議員が提出した法案だった。

在米韓国系団体による反日的なロビー活動が活発になっている。外務省は在外公館などを通じ、日本の過去をめぐる誤った歴史が海外で独り歩きしないように広報活動を徹底すべきだ。誤りを迅速に正す外交を怠ってはならない。

※自民党の報告

米国ニュージャージー州のいわゆる慰安婦記念碑及びソウル市の「平和の碑少女像」、「慰安婦博物館」に関する決議

自民党公式HP:2012年05月17日
ソース:http://www.jimin.jp/activity/news/116943.html


「領土に関する特命委員会」では、韓国系米国人が住民の過半数を占める米国・ニュージャージー州に設置された「慰安婦記念碑」、また韓国・ソウル市の「平和の碑少女像」「慰安婦博物館」について、これらの早期撤去と、日本の国益がこれ以上害されぬよう諸外国に理解を求めることなどを政府に要請する決議をまとめ、藤村官房長官、玄葉外務大臣に申し入れを行いました。

歴史的に全く根拠のない虚偽を世界に宣伝し、日本に対してさらなる補償や謝罪を要求する一連の韓国側の動きは、国際法上の正義に反し両国の友好関係を著しく損ねるものです。

私たち自民党は、今回の決議の内容を早急に実施するよう、政府に対し強く求めていきます。

コメント

2012-06-07

Tony

FB フェイスブックにフォローできるようにしたほうがいい。FBの利用者は億単位。もちろん英文で。緊急!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。