どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼節を重んじるのが日本人。それを失ったらお終いだと思う。【パクリブログ】

※9.27 被害を分かり易くする為、一部書き換え・追記をしました。

私なんぞのブログを――引用は別として――丸パクリする人が居るなどとは思ってもみませんでした。

経緯はこんな感じです。

最初にパクられたことに気付いたのは今年3月頃だったと思います。偶々、西田さんのサファリパーク関連の動画等を探そうと思って検索したら、検索結果に現れた文章はまんま私が書いたものでした。クリックしてまたビックリ。CSSごとパクったらしくアイコンや見出し、文字色まで全く一緒、というか私のブログそのものです(でも微妙に崩れているのが何とも……)。勿論、引用や転載の記述も、リンクも張ってありません。

『イザ!』の政治ランキング上位の人でも、こんな事をするんだと一寸驚きましたが、まぁネットの世界では良くあることだろうと思い目を瞑ることにしました。

(※9.27追記)丸パクリが実際にどういうものなのか、分かりづらいと思いましたので、探してみたら未だ削除されていない記事が残っていたので、元ネタと並べてみました。

『イザ!』の仕様で、特定のキーワードにニュース記事へのリンクが自動的に張られる様です。そのため文字色が変わり、リンクを示す下線が付加されます(この図だと『中国』がそうです)。それと1行の文字数が違う為に、行頭の文字が違いますがタイトルから内容から画像まで全て一緒。ただし微妙にズレていますが(笑)。黄色い丸アイコンは直リンクで使用されています。

この例だと記事の一部分のパクリですが、実際には感想、補足のコメント、画像、アイコンなども全部丸パクリされていました。 ※パクリ記事の魚拓


パクリブログ 比較記事

その少し後に、気付いたらまたコピペが繰り返されていたので、ツイッターで抗議をしました。

tweet 2012.4.9

※このアカウントの方は今でこそ、布団販売がメインの様ですが、以前この人は政治ツイがメインであったと記憶しています。アイコンも名前も以前は全く別でした。いつの間にか布団屋さんになってますが、この人の布団販売サイトにも「しばりょう」氏ブログへのリンクが張ってあります。念のため、過去ログも確認してほぼ本人であると確信しました。

とりあえず、自分のブログのトップに「※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>」と入れる事にしました。これまでそんなことをわざわざ書かなくとも大抵の人がリンクを張ってくれていましたから、一寸油断していたんですね。

結局、抗議した相手からの返事はありませんでした。ですがトップに引用転載のことは書いたし、いつか気付いて止めて貰えるだろうと期待しました。それ以来、この事はすっかり忘れていました。

先週末、偶々検索をしていたら、私が書いたものと同じ記事が見つかりました。案の定「しばりょう」氏です。試しに幾つか調べてみた所、同じものが幾つも見つかりました。

※そのうちの幾つかを示しておきます。グーグルの検索結果は昨日時点のもので記事は既に消されています。上が私の、下がしばりょう氏のもの。該当の記事は既に削除されています。

検索結果1
検索結果2
検索結果3
検索結果4
検索結果5

腹が立ったというより、やり切れない思いがしたのはこれです。

検索結果6

「大好きな麻生さんの総理復活を願って動画を作りました」←え、作ったのは私なんですが……。

検索結果7

「あの日、何故かこの曲が頭の中で一日中流れていたんです」←だから、それは私ですってば!

※上記の元ネタはこの記事です。 麻生総理の358日 ~君がくれたもの~

転載とも引用とも書かずに、丸々と私の気持ちまでコピペされている様で何ともやり切れません。

このまま放っておくのもイヤですから抗議する事にしました。『イザ!』はメンバーしかコメントできないので仕方なくアカウントを取得しました。

私のブログ記事の先頭行をそのままグーグルに貼って検索をして、見つかる度に「削除して下さい。お願いします」とコメントしました。最初のうちはそうしていたのですが、それが10個目、15個目ともなってくると、腹立たしさという訳ではありませんが、少しコメントを変える事にしました。

これも削除して下さい。
こんな事ばかりされると
嫌な気持ちになります。
あなたがやってることは保守潰しですよ。

これは別に私が「保守だ!」って意味じゃないです。でも毎日毎日一所懸命、自分のやり方で、自分の言葉でブログを書いてる保守さんたちを何人も知っています。こんな手法が罷り通ってコピペブログで溢れたならそれは保守潰しだと思いました。

私なんて偶にしか書かないし、偉そうな事は言えません。でも私が嫌な気持ちになったように、真面目に書いている人がこんな事をされて、その結果、ブログを書くことを止められてしまったら、それも保守潰しと思ったんです。それを分かって欲しかった。

黙って削除されるか、或いは「ごめんね!」で終わると思っていました。というより「ごめんね!」で終わる事を望んでいました。まさか逆ギレされるとは思いもしませんでした。

翌日、自分が投稿したコメントを確認したら17個が消えていて、3個だけ残っていました。コメントを付けた記事は丸ごと削除され、或いは動画だけが残っていました。

『イザ!』ブログでは管理画面から、投稿したコメントの管理が出来ます。一覧形式で1画面に最大10件のコメントと、元記事へのリンクが表示されます。元記事が削除されると当然コメントも削除されますので、この一覧からそれが分かります。

そのうちの一つは、私に対する非難コメが書いてありました。

(※9.27追記)そのうちの幾つかを掲載します。ここまで罵られるとは思ってもみませんでした。赤の下線は私が入れたものです。)

パクリブログコメント1

※「麻生さんが大好き」なその私本人です。この人達は「転載禁止」と書いていなければパクっても平気と思ってるのでしょうか。


パクリブログコメント2

※『イザ』の会員にならないとコメント出来ないんですよ。ブログタイトルに釣られたんじゃなくて、パクられたから苦情を言ったまでです。


パクリブログコメント3

※工作員認定ありがとうございます(笑)。なぜ「rockbell4と言う名前を借用したに決まってる!」と思ったのでしょう?コメントが3件しか残ってないのは他を削除した、しばりょう氏が分かっていると思うのですが……。


パクリブログコメント4

※「分かってくれると思った」「文字起こしコピーしただけ」。なんとも自己中心的な物の考えですね。私がこの方達のコメントに気付いて反論を書く前に、一方的に終了宣言を出されてしまいました(笑)


パクリブログコメント5

※分かっただけで、のべで30件近くパクられたから、それを削除して下さいと言ったまでです。「来なければよい」って話ではないと思います。


パクリブログコメント6

※この方達、一体何がしたいんでしょう。まずは最低限のマナーを守れと。


しばりょう氏と友人らの、私に対する非難コメントの魚拓

もう一つの方には、「保守潰し」の意味を説明しろと書かれていたので、それに対してコメントしました。

(※9.27追記)コメントの画像を掲載します。赤の下線は私が入れたものです。)

パクリブログコメント5

(※9.27追記)もう、好き放題、ボロクソ言われてます。これに対する返事は「しばりょう」さんへ!と題する記事のコメント欄にコピーしました。
しばりょう氏に宛てたコメント(2つめのコメントがそれです)


「『保守潰し』を説明しろ、する気ないならもう来るな」と、しばりょう氏

後で投稿コメントを確認すると、私のコメントは全て削除されていました。結局、私に対する非難コメだけが残った形となりました。

コピペはもうやめて欲しいと思ったので、念のため、ツイッターで苦情をツイートしました。更に拙ブログにも『「しばりょう」さんへ!』と題し意見を書き、しばりょう氏のコメントと、私が返信したコメントを貼り付けておいたところ、sirasagiさんがコメントをくださいました。当事者である私本人が中々言い出しづらいことを、私の身になって書いてくれたことに心より感謝します。そんなこともあり、これまでの経緯を纏めることにしました。

「しばりょう」氏らが、一所懸命にやっているのは分かります。好きな議員を応援したい気持ちは私も一緒です。でも、他人の言葉や記事を、悪びれる事もなく、自分のものの様に平然とコピペするのはどうなんでしょうか。そこには相手に対する敬意も何も無い。それは違うんじゃないのって思うんです。礼節を重んじるのが日本人。それを失ったらお終いだと思ったんです。




これを纏めるにあたり調べてみたら、未だコピペされた記事が残っていました。ブログ記事の最初の方の文言で検索していたので、複数に分割されたものは見つけられなかったのです。念のため、魚拓を取っておきました。

(※9.27追記)その後に見つかった記事を、分かり易くする為に元ネタとの比較画像にしてみました。文字だけを引用するのではなくて、文字の書式、画像、アイコンを含めてスタイル(シート)ごとパクる。悪質なパクリということが分かると思います。

丸パクリされた記事は既に削除されてしまっているので、ここにあるのはどれも一部だけをパクったものだけです。

比較記事1

元記事の終わりの方だけがコピペされており、しかも発言の途中からいい加減にコピペされたため、発言者が西田さんであることが分からないし、先頭行もずれている。記事の最後にこのブログへのリンクが張ってあるのがせめてもの救いでしょうか。

パクリブログ 比較記事1

パクリ記事の魚拓  元記事

比較記事2

『イザ!』の仕様でキーワードに下線が入りますが、それ以外は一行の文字数が違うだけで全く同じものです。

パクリブログ 比較記事2


元記事の最後で、この動画を紹介しています。

パクリブログ 比較記事2 動画紹介


ちなみにパクリブログの記事タイトルはこれです。なんと安直な(笑)

更に動画の下には文章が数行書かれているのですが、これはニコニコ動画の説明文そのものだったことを確認しました。

パクリブログ 比較記事2 ブログタイトル

パクリ記事の魚拓  元記事

比較記事3

これは他のに比べたら大分良識的()です。その数日前にツイッターで苦情を言った所為なのか分かりませんが、記事を丸ごとコメントに入力しています。

パクリブログ 比較記事3

パクリ記事の魚拓  元記事

比較記事4

『西田氏「真正保守政権を構想する)講演会より抜粋』に赤線を入れておきました。一体何処から抜粋してきたと言うのでしょうか(笑)。

この西田さんの講演は1時間以上あるのですが、その冒頭の僅かな部分だけがコピペされています。この話って全体の物語が凄くしっかり出来ているので、一部だけ切り貼りしないでよ!!って思います。また、画像で掲載した分の後でレイアウトが大きく崩れているのですが、これもお構いなしみたいです。

パクリブログ 比較記事4

パクリ記事の魚拓  元記事

比較記事5

これも、上記比較記事と同じ元ネタをパクったものです。何故だかセンタリングされており全体が崩れていてますがお構いなしみたいですね。

パクリブログ 比較記事5

パクリ記事の魚拓

比較記事6

パクリ記事の先頭の2行はしばりょう氏が書いたものです。

あとは元記事の真ん中あたりの「間違いだらけのサファリパーク」と標題を付けたその途中から一部をコピーし、さらに終盤の「戦後のタブーを取っ払え!!」と標題を付けたところをコピーして併せて一つの記事にされています。

2個目のコピーで失敗したのか、標題がずれたり、行頭が「、」で始まったりと随分いい加減です。なんだかなぁ……。

ちなみに上記の標題などは、私がこの動画を何度も繰り返し見て、西田さんの気持ちになって(と自分で思っているだけですけれど…)、分かり易いようにと付けたものです。当然元からあるものではありません。

パクリブログ 比較記事6

パクリ記事の魚拓  元記事

比較記事7

こういう風にぶった切られたら「その典型」の「その」が何を指しているのか分からないじゃないですかね。これは西田さんに対しても失礼なんじゃないかって思います。

パクリブログ 比較記事7

パクリ記事の魚拓  元記事


しばりょう氏のブログは記事数が多いので、その全てを調べることは出来ません。もうこれくらいで全部だと良いのですが……。




調べている途中、青山さんの番組を文字起こしされている、あの有名ブロガーさんのものもコピペされていると気付きました。見れば一発で分かりますね。

「※引用転載はご自由に。連絡不要です。」まで、丸々とコピペしているのは冗談の様です。「画像は直リンクするな」と書いてありますが、当然の様に直リンクです。

一つの元記事を分割して上げているのはアクセス数を稼ぐ為なのでしょうか。

この記事などは、物凄く節操がないと思います。

前半と後半で別々の人のブログをそれぞれのCSSごとコピペしているので、統一感はゼロ。しかも引用元も書いていないので誰の元記事か分かりません。いくらなんでも、これはないでしょう。




私の「保守潰しです」に対する『売り言葉に買い言葉』かも知れませんが、「ただ、文字起こししてはるだけやん。」と言われました。確かにその通りかも知れません。でも、ひとことだけ言わせて貰えれば、文字起こしって結構面倒なんですよ。大体、最低でも動画時間の3~4倍くらい掛かります。特に政治経済は、専門用語が多いので、それらを全て調べ、必要があったらリンクを張ったり、注釈を加えたりします。なのでかなりの時間と労力を必要とします。

それすら「自己満足でブログやっとってんか。」と言われればそれまでなのですが、勿論、自分でももっと深く理解したいという気持ちと同時に、折角読んで下さった方に、「良く分かった!」と思って貰えれば嬉しいなというささやかな気持ちがあるのですが、そういう思いは分かって貰えないのかも知れません。

自分でやってみて、その面倒くささを良く分かっているので、麻生さんの為公会を毎週文字起こしされているあの方や、青山さんの番組を文字起こしされているあの方、国会動画を分かり易く文字起こしされているあの方々を、私は心から尊敬しています。




(※9.27追記)その後、すっかり「しつこい」「ストーカー」扱いされれいるみたいです。後にも先にも私が苦情を言ったのは、削除依頼したコメント(ただしパクリ記事の件数分の20件コメントしましたけれど)と、その後、理由を求められてコメントした2回だけです。お詫びや反省の弁があるのかもしれないと、その後確認してみたら思いもよらぬ批判にさらされていたという訳です。

パクリブログコメント1

著作権を言ったのは私ではありません。しかし、反省もなしに「よく分からない」で済まされるものなのか不思議です。


パクリブログコメント2

削除しようにも、次々とコピペしまくったので、本人はどれがどれか分かっていないでしょう。

しかし、こうした時に「それはマズイよ」とか「著作権はこれこれ、こうだよ」ってアドバイスをしないどころか、焚きつける友人ってどうなんだろうって思います。


パクリブログコメント3

タイトルが強烈だから人が集まったと勘違いしているようですが、コピペをしたから、パクられたのに気付いたから注意したまでなんです。パクられなかったなら、多分この人のことなんて知りません。


パクリブログコメント3

あの時、「ごめんね」とひとこと言うなり、或いは、黙っていてくれたなら、私もこんな面倒なことはしません。ただ、「しつこいストーカー」とか「●●か?xxか?」などと言われれば、その汚名を雪ぐしかありません。なので対抗措置に出ました。しかし、こうした事は、悪意が悪意を呼び、決して良い結果とならないことは良く分かっています。私も批判されてしまうでしょう。もしかしたらこれが元でブログをやめなければなりません。お互いが嫌な気持ちになるでしょう。だとしても、やはり他人に対する敬意や、礼節を失ったらお終いだと思いますから、あえて批判をさせてもらいました。

この人達の、パクリについての認識ってどうなんだろうとふと気になってググってみました。ふーん、物凄いブーメランですね。

ブーメランコメント1

まぁ「悪い事をした」という自覚がなければパクリも平気で、日本人が批判しても意に介さないのはそういうことなんですね。お陰で何となく分かりました。




こうした、パクリ被害に遭った時どうするかとか、そういう事には疎かったのですが、似たような事例を見つけたので、参考の為にリンクを張っておきます。

無断転載パクリブログ事件のまとめ

togetterまとめ:パクリブログ管理人( @partnerzu )の開き直り

ガジェット通信:まとめブログ問題で注目される“引用”と“無断転載”の境界線

Yahoo!知恵袋:ブログ無断転載について

コメント

2012-09-27

sirasagi

私も正直このコメ蘭の会話?には驚きました。
著作がわからない?本当に日本国籍ですか?
もしかして、肖像権もわからないのかな、とか。
これが一番説明しやすいけど、そこまで馬鹿じゃないだろうと信じたいので説明しません、ていうか、ググれ!それとIDを出すのは嫌ですが
このiza0032 この人、人間よね?というか品性のなさにいつも呆れているのですがw いや、もうこの人達に対しては何にも言いたくないです。類は友を呼ぶといいますが、
このBLOGのコメ蘭は最低人種の集まりです。
それで、政治を語られてもと…。これ以上は自分が嫌になってしまいそうなのでコメントしません。

*最初に書いたコメントに間違いがあったので、書きなおしました。お手数ですが、重複しているので削除をお願い致します。

2012-09-28

Rockbell4

> これ以上は自分が嫌になってしまいそうなのでコメントしません。

コメントありがとうございます。
今回の件では、あなたのコメントに励まされました。

そうなんです。私もこんなことしてて、正直嫌になります。
でも3月くらいに初めて気付いてからツイッターで苦情を言う迄の間、
「あー、またパクられたorz」って何度も嫌な気分になり、勇気を出して
苦情を言ったんです。それで気付いて貰えると思って忘れる事にした。
そしたらいつの間にかこんなに沢山。

日本人の悪い癖で、「そのうち分かって貰える」「放って置けばいい」
結果は米国に建てられた慰安婦像と一緒で、放置すると増長する。
仕舞にはこちらが悪者扱いです(笑)
今回の件では、山谷議員の米国での抗議を思い出しちゃいました。

「毅然と対処しろ」って言うのは簡単ですけど、結構難しいですよね。
中国や韓国との問題を放置してきた政府を責められないなって思います。
話してもなかなか分かって貰えない人達に、どう対処すればいいのか。
私も「事なかれ主義」の日本人だからそう思います。
今回の件ではいろいろ考えてしまいました。

すべてが丸く収まることを願います。(これも日本人的な楽観主義ですねw)

2014-09-06

名無し

Googleに通報することをお勧めします。サイトごと、検索インデックスから消し去ってくれますよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。