どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【印象操作】日銀OBの何ともテキトーな安倍さん批判【ミヤネ屋】

友人から、「昼間放送していた番組で、日銀OBと名乗る人物が安倍さんを貶める印象操作しているんだけど!!」と教えられました。最近の偏向報道や安倍さんへの中傷に疑問を感じる友人はかなりご立腹の様子です。早速ネットに上がっていた動画を調べてみるとミヤネ屋に出演していた池田健三郎だと分かりました。肩書きに騙され彼の話を鵜呑みにされて、「安倍さんダメよねぇ」となっては困りますので、疑念を払拭すべく文字起こししておきます。

以下、11月22日放送のミヤネ屋からです。池田健三郎の発言に関しては、冗長な言い回しも含めて文字にしました。



宮根

自民党、社民党が政権公約を発表しました。

ミヤネ屋 2012.11.22
川田アナ

先ず自民党ですが、政権公約は「日本を、取り戻す。」

主な公約内容としては

・日本経済再生本部の設置。日本銀行法改正も視野に“大胆な金融緩和”を行う。

・原発の再稼働については、全ての原発で3年以内の結論を目指す。

・TPPの交渉参加については、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り反対。

・教育政策については、小学校~大学までの「6・3・3・4制」の見直し。

一方、社民党です。(省略)

宮根
ミヤネ屋 2012.11.22

え~、非常に、安倍さんが金融緩和を言ってまして、(これを受けて市場では)株も上がって円も安くなってっていう事なんですが。

この日本銀行法改正ということで、日銀とのこれ、『綱引き』っていうところは、もし自民党が政権取ると、池田さん。色々でてきそうです。

池田健三郎
ミヤネ屋 2012.11.22

これはあの、別に私が日銀のOBだから言う訳じゃないんですけれども、やっぱり世界のまともな国っていうのは、中央銀行の独立性はビシっとしてる訳ですよ。

それを橋本(龍太郎)さんの時に、きちんと中央銀行法改正して日銀を新しく作った訳ですね。

それをひっくり返すっていうのは、「これは何かあるな」と、普通に考えなきゃいけない。

するとその「何か」って何だろうというと、やっぱりここは自民党はやはり、あの、200兆とも言われるですね、え~、(国土)強靭化というね、要するに『ばらまき公共事業』という批判がありますけど、そういう事の裏付けとして、今、しかし国の金箱にお金がない訳ですよ。

「あっ、中央銀行にお金刷らせりゃいいじゃないか」と、こういう話なんで。

こんな安易な政策っていうのは、やっぱりこれはグローバルスタンダードから言ったらとても認められません。

宮根

まあその、世界の、その銀行というか世界各国の日銀みたいな所…中央銀行っていうのは独立性は一応、非常に担保されているんですけど、ただ岩田さんね、まぁこれだけ長い間デフレが続くといい加減にっていうところは、国民の中には…。

岩田

財政規律の問題と(財政)出動論なんてずっとテーマになってきてね、市中にあるお金が回れば景気も上がるんじゃないかって、この議論っていうのが果たしてどこなのかっていうのがね。

※「どうなのか」ではななくて「どこなのか」。「何処が言ってるの?」って意味でしょうか。良く分かりません。

宮根

そこが僕ら素人には中々分からない。

池田健三郎

散々これまで金融緩和やってきた訳ですよね。だけど全然お金がまた国債にすり替わってどんどん国庫に戻って来ちゃ訳ですよ。だからそれをナントカしなくちゃいけないんだから、それはあのー、この中央銀行をですね、法律変えてでも何か無理矢理に何かやらせて、国債引き受けさせるって、そういう議論じゃないんです。本来そうです。

※この話はここまで。次は原発の話なので省略。




麻生さんが2010年のTVタックル出演時、次の様に語っています。

「日本銀行という銀行が、金融を幾ら緩めても、経済効果に大した影響が出なかったというのは、もう、小泉内閣の時に何回も実験済ですよ。実験は終わってんだから」

金融緩和だけではダメ、財政政策とパッケージでやらなきゃ効果が出ないという意味です。それは麻生さんが震災後の為公会例会でも繰り返し力説していた様に、「投資を起こす、投資に繋げる」ということ。それが肝心です。デフレは資本主義の病気ですから。(ここで言及した投資とは勿論、「事業」への投資です。先物、株式、不動産などへの投資とは別の話です)

池田がいう所の「だからそれをナントカしなくちゃいけない」、それが財政政策であり、それこそが国土強靭化なのに、これを「要するにばらまき公共事業だ」と一蹴している。

また、中央銀行がお金を刷る行為を安易だと批判し、「グローバルスタンダードでは認められない」とも言っていますが、米国がリーマンショックの後にどれだけ金融緩和したと思っているんでしょうか。酷い印象操作に呆れてしまいます。

まさに批判の為の批判。何度も同じワードを繰り返していれば国民が「あ~、そうなのかな~」と納得するとでも思っているのでしょうか。随分と舐められたものです。


この池田健三郎なる人物は何者なのかwikipediaで調べてみました。

池田 健三郎(いけだ けんざぶろう、1968年(昭和43年)10月21日 - )は、日本の経済評論家、政策アナリスト。大樹総研所長、元浜松大学教授。三桂所属。

略歴

1992年 - 日本銀行入行 以降、調査統計局・国際局・金融市場局等を経る

1999年 - 日本銀行退職、個人事務所(シンクタンク)開設(-現在)

2004年 - 浜松大学国際経済学部非常勤講師

2006年 - 日本再生プログラム推進フォーラム理事

2008年 - 芸能事務所(株)三桂に所属(-現在)

2010年 - 大樹総研(株)取締役所長

2010年 - 浜松大学ビジネスデザイン学部特任教授

2011年 - 大樹総研(株)代表取締役所長(-現在)

この『大樹総研』の文字を見て、戸締さんのツイにあったのは、この人のことだったのかと気付きました。



ソース:https://twitter.com/daitojimari/status/271491311243259904

ミヤネ屋 2012.11.22


ソース:https://twitter.com/daitojimari/status/271492487686795264

ミヤネ屋 2012.11.22


この戸締さんのツイにあるリンクが非常に興味深いです。成る程、必死に自民党叩きをする理由が分かります。

http://amesei.exblog.jp/16083083/

コメント

2014-08-31

Hobo

池田健三郎なる人物は一体全体どういう輩なのでしょうか?
”自称”経済評論家、民主党の泡沫候補?
一日でも日銀に在籍すれば偽装表示にはならないかも知れないが、2~3年しか在籍せず何ら見るべき業績も無い人物が日銀OBを名乗るのは如何なものでしょうか?
何故TVに出てくるのか不思議でしょうがありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。