どうなってんの?

超不定期更新 ※※引用転載される場合にはこちらのURLを貼っておいて下さい。よろしくお願いします。<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無党派層が悩んでいる」とTBSひるおび。でも一番悩んでるのはマスコミでしょw

11月22日放送のTBS・ひるおび。今回の選挙もカギを握るのは無党派層だが、今回は無党派層が悩んでいるらしい。そんな無党派層はどうすればよいのかポイントを纏めたと言っていたのに、いつの間にか政党への注文に変わっています。要するに一番悩んでいるのは政治をまじめに扱ってこなかったマスコミ、といったところでしょうか。

劇場型政治に慣れてしまい、今まではバラエティの雛壇芸人の様にがやがやと面白可笑しく伝えていれば良かった。だが今回は争点の違いが良く分からない。争点を表にまとめてみたが違いが分からず上手く伝えられない。これじゃ視聴率も取れないよ、という混迷ぶりが見て取れました。

それでも何とか橋下の言うところの『ふわっとした民意』、この番組ではそれを『風』と呼んでいますが、なんとかその風を起こそうと各政党をけしかけている。風が吹いてくれないと一番困るのはお祭り騒ぎの出来ないマスコミなんですね。

でもそんな何の根拠もない風や空気で政治を歪められたんじゃ堪りません。いい加減にして下さい。痛い目を見るのは国民なのですから。

それにしてもこの番組は国民を舐めていますね。それが紙芝居や室井佑月氏のコメント(台本ですか?)に良く現れています。

とはいえこの紙芝居に出てくる「無党春夫さん一家」みたいな人達が近くに居たなら、「あなた、カモにされてますよ」と教えてあげたいですね。

以下、番組の無党派層に関するコーナーを文字起こししました。発言は意訳です(室井佑月氏の発言はそのまま表現しましたw)。




斉藤アナ

11月17,18日に共同通信が実施した「比例代表の投票先」アンケート。自民党が23.0%、民主10.8%、維新(太陽を含む)7.8%…。「まだ決めてない」が一番多く43.0%。いわゆる「無党派層」

ひるおび 2012.11.22

明治学院大学の川上和久教授(政治心理学)「最大多数の“無党派層”の動きで獲得議席は大きく変わる。特に今回の選挙は“無党派層”が選挙の“カギ”を握っている」

毎回良く言われることだが、川上先生は「今回の選挙は“無党派層”の動向がこれまでとちょっと違う」と言っている。今回は「悩んでいる」というのだ。

こちらをご覧下さい。


ひるおび 2012.11.22

無党春夫(35歳)、会社員。同い歳で専業主婦の妻・花子、小学生の娘・春菜の3人家族。スープの冷めない距離に父母が住んでいる。

この家族はみんな無党派。政治に関心がある。

政治に関心はあるのだが、支持政党は“特にない”。

いわゆる『B層』ですね、わかります。「支持政党は無くとも貴方は政治に関心があるんですよ」と暗示を掛けることで効果倍増w。完璧にマスコミのターゲットにされています。はっきり言って政治に無関心な人達です。

ひるおび 2012.11.22

支持政党がないので、その都度選挙のテーマで投票してきた。

例えば「この党なら税金の無駄遣いをやめてくれそうだ」

「子育て支援に手厚い党がいいわ」と言って投票してきた。

必ずしもこの政党に入れるという訳ではなく、自分の決め手となるテーマで選んでいた。

完璧にマスコミのカモです。前回、間違いなく民主党に入れましたね。

ひるおび 2012.11.22

だが今回は悩んでいる。

妻「やっぱり子育て支援に手厚い党を選びたいわ」

春夫「景気が回復してくれないと本当に困る。経済成長を第一にしてくれるところが…」

両親「年金減らされると困るから年金をちゃんと考えてくれる党」

それ以前の問題であると民主党政権で痛感したと思うんですけどねぇ…。


ひるおび 2012.11.22

どこに投票しようか迷っている。

TVを見ると政党が乱立しているし、政策はどれも同じ様に見えてくる。

う~~~ん。これと言ったテーマの違いが分からない。決められない。

私達はどこに投票したらいいんでしょう?

こういう風に迷う無党派層というのが多いらしい。

これだけ痛い目に遭っても未だ分からないという鈍感な方には、お願いだから選挙に行かないで下さいとお願いしたいです。

今まではある大きな分かり易いテーマがあったら、そこに一気にゴーンと動いて、ドン!という様に結果が…。

ワンフレーズ、シングルイシューポリティクス、是か非か、白か黒か、抵抗勢力を仕立て上げ対決姿勢を演出したり。最近のそんな選挙にはぞっとさせられます。そんな単純に決められては堪ったものじゃありません。

郵政であったり、政権交代であったり。そういうことですよね。

斉藤アナ

今回は選択肢が多すぎて、どうなのか良く分からない。政策等が似通い過ぎていてどうなのか分からない。いろいろ迷っていて選べない。

これが無党派層が悩んでいる理由です。

では悩んでいる無党派層はどうすれば良いのか。

明治学院大学の川上和久教授は「各政党は分かり易いテーマ・政策を掲げ、自分達がやりたいことをはっきりさせる。すると無党派層が選ぶ基準になる」

では、そうするためにはどうすれば良いか。今後の注目ポイントを伺った。

政治評論家の田崎史郎氏「無党派層は基本的に反権力に流れる。今回は自民や維新などに流れやすいのでは」

政治アナリストの伊藤敦夫氏「無党派層は姿形が見えなくて雲を掴むようなもの。どう働きかければよいのかなかなか掴めない」「今回は投票日の3日前からが勝負になるのではないか」

本当の選挙戦が始まる前に、有権者のもやもや・悩みを解消してくれるのが、ちゃんと現れてくれるといいんですけど。

北野大

公約していることを選挙が終わっても、一所懸命真面目にやってくれそうな党を選ぼうと思っている。選挙前に美辞麗句で、耳障りのいいことを言うでしょ。そうじゃなくてイヤな事も言って、それをきちんと守ってくれる、そういう信頼の置ける党に入れようと思う。

今週辺りから維新も言っている事が変わってきて、政策中心から実行力という表現に変わってきた。あれは明らかに無党派層を意識したものか。

竜崎孝(TBS政治部長)

無党派層を取り込む為にはの吹いている期間が必要だ。維新について言えば、予想より早く選挙が来たこともあり風を取り込む為に、もしくは風を吹かせる為に合流があったり、現実路線を強調して風を起こそうとしているというのはあると思う。

室井佑月

あたし、お願いなんですけど、やっぱり14こもあるから、頭がややこしくなってきちゃうから、今回何について争点になるかっていうのを、4項目くらいはっきり決まっている訳で、表にして、○×、どうする、△みたいに出してもらえます?

今回それをやったら案外同じになってくる。

室井佑月

あ~、そ~~。

消費税、原発、TPP。そんなもんですね、今。

八代英輝

各党、耳障りのいい言葉を掲げている印象がある。

政策を分かり易く掲げても、それを実現する力があるか、或いは与党にならないと政策は進められない。無党派層はそこに迷いが生じるのではないか。

刺客が輝いていてきたのも風を吹かせられるかどうかだ。だが今は風を感じない。

消費税、脱原発。物凄く大きなテーマだとは思うが、それで風が吹いている印象はない。一方で第三極が掲げている『中央集権打破』。だが今一番必要なのがそれなのか、ちょっとぴんとこない。

北野大

前回の選挙では「自民党が余りにも横暴だからもう自民党だけはダメだ」という『風』だった。だから民主党に行った。今回はそうした大きな風がない。TPPも原発も余り差がない。

室井佑月

何て言うのかな、政府は解散の時、てぃーぴーぴーの問題を大きくしようと思ったみたいだけど、まだ入ったら(=交渉参加の意?)どうなるかって良く分かんないことだから、一般の人はもっと理解しづらい。う~~ん。

八代英輝

民主党自体も迷いがある。突然、世襲排除を強く打ち出したり。

それで決めて良いのかな。世襲だからヤダって事でもないような気がするし。

竜崎

郵政選挙では自民党をどう変えるかが小泉さんのテーマだった。次の衆院選挙は政権交代。今回はわりと身近なテーマが幾つも出てきて、でも何か似ている。我々はそれを実現可能であるかなど、細かくみていく必要がある。そうすると選挙そのものが身近な選挙になってくる可能性がある。

名前を書くときに、「本当にやってくれるのか」「実行力を考えると死票になるのでは」と真剣に考えるのは非常に良いことだと思う。

北野大

マスコミも今の議員の通信簿の様なものを出すといいのでは。議会への出席状況、発言や提案の内容等々の実績が参考になる。

ありがとうございました。




まさか「無党春夫さん」が今これを読んでいるとは思いませんが、もし万が一あなたが無党春夫さんなら、お薦めの本がありますので選挙前に是非ご一読下さい。

この動画もお薦めです。列島強靭化の話というより、何が一番大切なのかを藤井さんが熱く語っています。

「試しにやらせてみよう」などという軽い気持ちで投票すると悔やんでも悔やみきれません。取り戻すのは容易じゃありませんし、取り返しの付かないことだってあるんですから。

もう二度とこんな詐欺に騙されてはなりません。

民主党マニフェスト 子供手当
民主党マニフェスト 天下り

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

コメント

FC2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。